ディアドコイ戦争とは

ディアドコイ戦争とは

皇帝の座を巡る血みどろの戦いディアドコイ戦争とは?原因や結果

ディアドコイ戦争(前323〜前280頃)とは、アレクサンドロス大王亡き後、その配下の将軍たちが、大王の後継者の座、つまり帝国獲得を争って繰り広げた戦争です。

 

「ディアドコイ」とはギリシャ語で「後継者」の意味で、日本語では「後継者戦争」とも呼ばれています。

 

アレクサンドロス大王が死去した紀元前323年から、紀元前281年のコルペディオンの戦い決着まで続きました。40年と約半世紀にわたって続いた長期の戦争です。

 

原因

この戦争は、宰相ペルディッカスの統一支配強行に対する反発(前321)に端を発しています。

 

後継者の座を争った有力な将軍は以下の通りです。

 

・アンティゴノス
・カサンドロス(マケドニア)
・リュシマコス(トラキア)
・セレウコス(シリア)
・プトレマイオス(エジプト)

 

このうちアレクサンドロス帝国の再統一を果たさんとするアンティゴノスに対し、カサンドロス、リュシマコス、セレウコス、プトレマイオスが対立を深め、後者連合がアンティゴノスを打ち破ったところで戦争が終結しました。(イプソスの戦い)

page top