マケドニア戦争の流れ

マケドニア戦争の流れ

マケドニア戦争の流れ

マケドニア戦争とは、当時地中海世界における2大強国だった共和政ローマとマケドニアとの間で、四次に渡って繰り広げられた戦争です。

 

最終的にはローマが勝利し、ローマはギリシャを勢力圏に組み込むことが出来ました。

 

また「古代ギリシャ」という時代区分はここで終了し、以降は「古代ローマ」の時代区分に組み込まれます。

 

第一次マケドニア戦争:紀元前215年-紀元前205年

フィリッポス5世がハンニバルと同盟したことで、共和政ローマと対立し戦いました。結果は引き分けに終わっています。

 

第二次マケドニア戦争:紀元前200年 - 紀元前197年

その後マケドニアが領土を拡大した為、第二次戦争が勃発。結果はフラミニヌスによりローマが勝利しました。

 

第三次マケドニア戦争:紀元前171年 - 紀元前168年

マケドニア王ペルセウスがギリシア市民の反ローマ感情に動かされ戦争をしかけますが、ピュドナの戦いで大敗し降伏。ついにアンティゴノス朝支配下のマケドニア王国は滅亡します。自治は認められたものの、マケドニアは4つに分割される自治領で構成される国となりました。

 

第四次マケドニア戦争:紀元前149年 - 紀元前148年

今度はマケドニア王の末裔を自称するアンドリスコスが、反ローマ闘争を起こしますが、この戦いもローマの勝利に終わり、ついにマケドニアはローマの属州となりました。

 

page top