哲学

哲学

哲学記事一覧

ヨーロッパ出身の著名な哲学者や哲学、現代思想に大きな影響を与えた人物を紹介しています。ジークムント・フロイトオーストリアの精神学者です。ユダヤ人の家庭に生まれました。精神分析の創始者です。精神分析により心的生活の潜在意識を研究し、精神医学の発展に貢献しました。精神医学の分野を超えて、現代思想にも影響を与えた人物です。カール・グスタフ・ユングスイスの精神科医・心理学者です。最初はフロイト学説に強い共...

西洋哲学と東洋哲学の違いは、西洋は「学」としての側面、東洋は「宗教」としての側面が強い傾向があります。このような観念の違いは西洋医学と東洋医学の違いにも似ています。西洋哲学は論理性を重視西洋哲学は、学問として論理性を重視し、自分が無知であると自覚するところから、徹底的に議論・対話を繰り返し、世界の本質を理論的に解き明かそうとします。つまり西洋哲学は宗教に頼らない主体的な思考法を重視しています。東洋...

西洋哲学というのは、古代ギリシアに始まり、ヨーロッパキリスト教世界で発展した哲学のことです。つまりギリシア哲学とキリスト教信仰を根底としたもので、中世以降のキリスト教神学は、古代ギリシアにて発展した哲学・思想に基づいて形成されたのです。「哲学」は原語であるギリシア語で「philosophia」と書き、これは知を愛すること(「sophia(智)をphilein(愛する)」)を意味しています。西洋哲学...

フロイト(1856―1939)はオーストリアの精神学者です。精神分析の創始者として知られています。精神分析とは、言葉や行動、空想や夢といった無意識の深層を理解する学問です。またそれを基盤とし精神病患者の治療を行なう療法をまとめて精神分析と呼びます。フロイトは精神分析という学問を「抑圧された心的なものを意識化する仕事」と定義しました。フロイトの軌跡現チェコ領であるオーストリア・ハンガリーに、ユダヤ商...

スイスの精神科医・心理学者で、分析心理学(ユング心理学)を創始した人物です。精神障害者の無意識を理解するため、言語連想テストからコンプレックスの概念を考案し、性格を内向型と外向型の2類型に分類した人物としても知られます。ユングの軌跡バーゼル大学で医学を学び、チューリヒ大学の精神科でブロイラーに師事し、深層心理についての研究を行ないました。その後、パリのピエール・M. F.ジャネのもとに留学し、チュ...

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(1844年10月15〜1900年8月25日)は、ドイツの哲学者、古典文献学者です。現代では実存主義、生の哲学の思想家・哲学者として知られています。ギリシア哲学やショーペンハウアーなどに傾倒し、芸術の哲学的考察を行いました。のちに時代批判ヨーロッパ文明批判を繰り広げたり、キリスト教の神の死を宣言したりと、人々に新しい視点を与えた人物でもあります。彼は小説家ではな...

イマヌエル・カント(1724年4月22日-1804年2月12日)は、プロイセン王国(ドイツ)の哲学者です。あらゆる権力・理性を徹底的に批判する「批判哲学」というものを提唱し、「コペルニクス的転回」を果たしました。後にフィヒテ、シェリング、そしてヘーゲルへと展開するドイツ観念論の祖となった人物です。前時代の認識論を大きく変えました。『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』が主著として知られ...

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(1749年8月28日〜1832年3月22日)は、ドイツの詩人、小説家です。他にも劇作家、自然科学者、政治家、法律家など様々な顔を持っています。ドイツを代表する文豪です。彼の主著は広い分野に大きな影響を与えました。ゲーテの代表著作小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』叙事詩『ヘルマンとドロテーア』詩劇『ファウスト』軌跡彼はドイツ中部...

page top