ヨーロッパ出身の有名な哲学者

ヨーロッパ出身の有名な哲学者

ヨーロッパ出身の有名な哲学者

ヨーロッパ出身の著名な哲学者や哲学、現代思想に大きな影響を与えた人物を紹介しています。

 

ジークムント・フロイト

オーストリアの精神学者です。ユダヤ人の家庭に生まれました。精神分析の創始者です。精神分析により心的生活の潜在意識を研究し、精神医学の発展に貢献しました。精神医学の分野を超えて、現代思想にも影響を与えた人物です。

 

カール・グスタフ・ユング

スイスの精神科医・心理学者です。最初はフロイト学説に強い共鳴する支持者に過ぎませんでしたが、後に独自の精神分析学を創り上げました。また性格を内向型と外向型の2類型に分類したことでも知られています。

 

フリードリヒ・ニーチェ

ドイツの哲学者です。ショーペンハウアー、ワーグナーなどから影響を受け芸術的哲学を説きました。キリスト教や民族主義を「弱者の道徳」として批判するなど、ヨーロッパで当たり前とされてきた価値観に強く異を唱えた人物としても知られます。

 

イマヌエル・カント

ケーニヒスベルクの生まれのドイツ人哲学者です。ドイツ観念論の起点となり、「コペルニクス的転回」をもたらした人物で、近代哲学の祖とも呼ばれています。

 

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ

ドイツの詩人、小説家です。革新的な文学を想像し、後世の芸術・思想に多大な影響を与えました。政治家や自然科学者としての顔も持ちますが、公務や自然科学研究と併行して小説も書き、様々な名著を残しました。

page top