ニーチェってどんな人?

ニーチェってどんな人?

ニーチェってどんな人?

フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ(1844年10月15〜1900年8月25日)は、ドイツの哲学者、古典文献学者です。

 

現代では実存主義、生の哲学の思想家・哲学者として知られています。

 

ギリシア哲学やショーペンハウアーなどに傾倒し、芸術の哲学的考察を行いました。

 

のちに時代批判ヨーロッパ文明批判を繰り広げたり、キリスト教の神の死を宣言したりと、人々に新しい視点を与えた人物でもあります。

 

彼は小説家ではないですが、彼の書く短いぴりっとしたで、巧みで散文的な表現は、後世の文学にも影響を与えました。

 

ニーチェの軌跡

プロイセン王国領レッケン出身で、ルター派の牧師である父の下、裕福な家庭に育ち、豊かな教養を育みました。(1869年以降、プロイセン国籍を捨て無国籍となっています。)

 

古典文献学者フリードリヒ・ヴィルヘルム・リッチュルに才能を見出され、1869年その秀でた能力が評され、24歳の若さでバーゼル大学古典文献学教授となりました。(彼自身は哲学教授職を希望していました)

 

1879年健康上の都合で辞職し、余生は民間の哲学者として過ごしました。

 

1889年以降は、精神疾患に陥ったことで廃人同然となり、1900年ワイマールで息を引き取りました。

page top