カントってどんな人?

カントってどんな人?

カントってどんな人?

イマヌエル・カント(1724年4月22日-1804年2月12日)は、プロイセン王国(ドイツ)の哲学者です。

 

あらゆる権力・理性を徹底的に批判する「批判哲学」というものを提唱し、「コペルニクス的転回」を果たしました。

 

後にフィヒテ、シェリング、そしてヘーゲルへと展開するドイツ観念論の祖となった人物です。前時代の認識論を大きく変えました。

 

『純粋理性批判』、『実践理性批判』、『判断力批判』が主著として知られています。

 

彼が作った哲学の枠組みは、後に西洋哲学全体に強い影響を与えています。

 

カントの軌跡

現ロシア領カリーニングラードにあたる、東プロイセンの首都ケーニヒスベルクに馬具商人の長男として生まれ

 

1740に出身地のケーニヒスベルク大学で哲学、神学を学び、卒業後しばらく家庭教師を務めた後、1955年母校の哲学教授になりました。

 

その後は独身のまま故郷で過ごし一生を終えました。

page top