ゲーテってどんな人?

ゲーテってどんな人?

ゲーテってどんな人?

ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ(1749年8月28日〜1832年3月22日)は、ドイツの詩人、小説家です。

 

他にも劇作家、自然科学者、政治家、法律家など様々な顔を持っています。

 

ドイツを代表する文豪です。彼の主著は広い分野に大きな影響を与えました。

 

ゲーテの代表著作

  • 小説『若きウェルテルの悩み』『ヴィルヘルム・マイスターの修業時代』
  • 叙事詩『ヘルマンとドロテーア』
  • 詩劇『ファウスト』

 

軌跡

彼はドイツ中部フランクフルト・アム・マインに裕福な市民の子として生まれました。

 

彼の名をヨーロッパ中に広めたのは、25歳で書き上げた小説『若きウェルテルの悩み』。現代でも読まれる不朽の名作です。

 

1775年ワイマール公国の要職を務め、イタリア旅行での古代美術との出会いを経て、古典風の戯曲を完成させます。シラーとともに古典主義文学を確立しました。。

 

シラー没後も創作を続け、公務や自然科学研究と併行して『親和力』『ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代』『西東詩集』などを執筆します。

 

詩劇『ファウスト』は亡くなる直前まで書かれた遺作であり大作です。

page top