ローマ人の人種って?末裔は?

ローマ人の人種って?末裔は?

古代ローマ人の人種って?末裔は?

古代ローマ人というのはローマ共和国、ローマ帝国における市民権(ローマ市民権)を持っていた人々のことです。ローマ中部のラティウム地方に居住していたラテン人を中心とした様々な民族で構成されています。

 

ローマ人の歴史

ローマには元々、先住民としてエトルリア人が暮らしていて、エトルリア人の王がローマを支配していたこともありました。

 

しかし王政末期にエトルリアの王が追放されてからは、ローマの支配はラテン人が主導権を握るようになります。

 

やがて都市繁栄の為、近隣から様々な民族を移住させた結果、ラテン人は、中東系やギリシア系、ゲルマン人ガリア人などと混血・同化していったといわれています。

 

「ローマ人」の人種は?

つまりローマというのは様々な民族が入り乱れる移民の国、多民族国家です。ローマ人の大多数は人種的にコーカソイドという共通点はありますが、血筋による繋がりはほとんどないといって良いでしょう。

 

page top