カタルーニャ人の特徴

カタルーニャ人の特徴

カタルーニャ人の特徴

カタルーニャ人とは、カタルーニャ語を母語とし、イベリア半島のカタルーニャ地方に暮らす民族です。

 

カタラン人、カタロニア人とも呼びます。

 

起源

系統についてはっきりしたことはわかっていませんが、ケルティベリア人とラテン人が直系の祖先であるとする見方が強いです。

 

分布

総人口は800万人ほどで、フランスやアルゼンチンにも分布しますが、そのほとんどはスペインに暮らしています。

 

そのスペインの中でもカタルーニャ自治州には特に多くのカタルーニャ人が暮らしています。

 

ここはスペイン内戦で人民戦線の拠点にもなりました。

 

カタルーニャ問題

カタルーニャ人は独立心が高いことでも知られ、カタルーニャ州の自治権拡大の為の政治運動は頻繁にニューストピックに上がります。

 

  1. スペイン中央政府がカタルーニャ民族を軽んじる発言を繰り返したこと。
  2. カタルーニャ州が税金として支出する金額とスペイン中央政府から還元される金額が釣り合わないこと。

 

こういった点がカタルーニャナショナリズムを喚起させ、中央政権と州政府の激しい対立を生んでいます。

 

この政治運動は「カタラニスマ」と呼ばれ、バスク人と共にスペインの代表的な地方運動として紹介されます。

 

カタルーニャ人の民族意識がいつから形成され始めたのか詳しいことは明らかになっていません。

page top