バイエルン人の特徴

バイエルン人の特徴

バイエルン人の特徴

バイエルン人は、ドイツ南部のミュンヘンを中心としたバイエルン地方、オーストリアの大部分などに暮らしている民族です。

 

バヴァリア人(ババリア人)、バユワル人、バユバール人、バユヴァール人などとも呼ばれています。

 

バイエルンという言葉は、ゲルマン語の「ボイイ住民」に由来しているとも考えられています。

 

起源

バイエルン人の起源は明らかになっておらず、仮説としては、古代ゲルマニアにて、ケルト人をルーツに持つボイイ人と、スエビ人をルーツに持つマルコマンニ人の混血から生まれたといわれています。

 

マルコマンニ人は紀元前9世紀頃からボイイ族が定住していた地域パンノニアに移住しました。

 

そして紀元前2世紀頃からローマ帝国と幾度と戦いましたが、パンノニア戦争で敗北を喫し、ローマの勢力圏に置かれました。

 

おそらくここでボイイ人との混血が進んだと考えられています。そして段々とにラテン人と同化していきました。

 

ちなみにバイエルンはナチスドイツの誕生の地でもあります。

page top