ヨーロッパにおける黒人の比率

ヨーロッパにおける黒人の比率

ヨーロッパにおける黒人の比率

ヨーロッパにはネグロイド、いわゆる黒人の人々も多く暮らしており、アフリカ大陸に近い地中海沿岸はどこも多いです。

 

特にフランスは黒人が多く、出生率において、白人と黒人の出生比率が1:3だそうです。

 

今は白人のが多いですが、やがて黒人の方が多くなる可能性もあるということですね。

 

出生比率に差がでる理由は?

黒人はその歴史的経緯から低所得者が多いです。所得が低いとどうしても教養に乏しくなります。

 

となると、避妊とか将来計画とかそういった概念にも乏しくなり、結果大家族主義になってしまうのです。

 

フランスの旧植民地国が多いアフリカでは、人口増加が著しいですね。

 

2050年には倍増して25億人となり、世界の四分の一を占めるといわれています。

 

基本的に貧しい国や人種ほど大家族になる傾向があるのです。

 

フランスで黒人が多い理由

19世紀以降、欧州列強はこぞってアフリカに進出し始め、次々とアフリカの国土を自国の支配権に組み入れていきました。

 

特に広い勢力圏を築いた国がフランスで、フランスはアフリカ大陸北西エリアの大半、マダガスカルなどの地域を手中に収めました。

 

その影響はアフリカが独立を果たした今でも残っており、アフリカには旧宗主国のフランス語を公用語としている国は多いのです。

 

フランスに黒人が多いのは、植民地時代奴隷として連れてこられたアフリカ人が多いというのもありますし、近年フランスが労働力の不足を補う為に、フランス語がわかるアフリカ人を移民として積極的に受け入れていることも主要な理由として挙げられますね。

page top