ヨーロッパが科学技術の最前線になった理由

ヨーロッパが科学技術の最前線になった理由

ヨーロッパが科学技術の最前線になった理由

中世までヨーロッパにおける「科学」というと、錬金術や占星術のような超自然的なものでした。

 

しかしルネサンス、宗教改革を契機にそれが疑問詞されるようになり、論理や合理性といったものに価値を見出すようになります。

 

17世紀になると、自然科学の研究が急速に進み、世界の権力の中心がヨーロッパに移行していきました。

 

科学発展の背景

大航海時代以降、ヨーロッパは地表の84%もの領域を征服し、支配域から膨大な量の科学的知見を得ることが出来ました。

 

科学発展の背景には戦争もあり、昔のヨーロッパは税収の大半を戦争につぎ込み、世界の覇権を握っていたアジア勢力を、次々と戦争で打ち負かしました。

 

戦争の為につぎ込んだ莫大な費用により、補給手法、造船技術、加工技術など様々な技術のイノベーションが起きました。

page top