ヨーロッパの税金が高い理由

ヨーロッパの税金が高い理由

ヨーロッパの税金が高い理由

ヨーロッパ諸国の税金は、日本と比べて全体的に高いです。しかしそれにも関わらず税について日本ほど不満の声もありません。

 

デンマークなんかは消費税25%と日本の3倍以上なのに、国民幸福度指数で何度も世界一位になっています。

 

どうしてヨーロッパでは税金が高いのでしょうか?また何故それにも関わらず不満の声が少ないのでしょうか。

 

税金が高い理由

こういった背景については、税金のやり繰りが上手く、徴収と還元が釣り合っているということが最も大きいです。

 

相続税がなかったり、高速が無料だったり、教育費が無料だったり、ワクチンや手術など医療代が無料だったりするわけです。

 

国民の政治への関心が強く、役人が無駄使いができないような仕組みができており、福祉が充実しているのです

 

老後の不安が少ない?

日本で税についての不満が大きいのは、役人の無駄遣いが多く、老後の福祉も十分とはいえないので、将来の不安が大きいからと思われます。

 

ヨーロッパでは老後病気になって、大きな手術が必要になっても負担がゼロだったりするので、精神面での重荷は大分マシなのではないでしょうか。

 

また生活必需品は税金で賄われているので、老後散在せずに、普通に暮らす分には命に関わるような心配をしなくて良いんですね。

 

スウェーデンは学費が無料

教育についてはスウェーデンが最も注目されていますよね。学費は基本的に全て無料です。

 

さらに一定期間出席すると国から補助金が出ることもあるなど、教育に関しては至れり尽くせりなんですね。

page top