ヨーロッパでは労働時間が短いのはなぜ?

ヨーロッパでは労働時間が短いのはなぜ?

ヨーロッパでは労働時間が短いのはなぜ?

日本は労働時間が長い割に生産性がないとはよく言われますよね。

 

深夜まで奴隷みたいに働いても、年収がバイト以下…なんて声もよく聞きます。

 

努力の割に見返りが少ないのはつらいことです。

 

将来への閉塞感にも繋がります。

 

そんな日本の状況とよく対比されるのがドイツ、フランス、イギリスなどヨーロッパの国々です。

 

ヨーロッパの労働形態は効率的で、残業はしない(させない)、長期休暇が当たり前、という話をよく聞きますね。

 

実際日本より労働時間が短いのに、1人あたりの生産性が日本より高く、成長率も日本より高い国が多いです。

 

ヨーロッパ各国の労働時間

ドイツなんかは週平均労働時間が35時間と日本の42時間を大きく下回っています。年労働時間を見てみても、ヨーロッパ諸国の労働時間は日本より約270〜360時間も短いのです。

 

経済協力開発機構(OECD)の調査結果(2012年)

  • 日本…平均1745時間。
  • オランダ…1384時間
  • ドイツ…1393時間
  • ノルウェー…1418時間
  • デンマーク…1430時間
  • フランス…1479時間。

 

ヨーロッパでは何よりも家庭を至上とする価値観があります。

 

仕事の為に生きているわけではないという意識が強く、オンオフのメリハリがハッキリしていて、仕事の時は仕事以外はせず、プライベートでは一切仕事に関わることはしないのです。

 

あと日本は善くも悪くも全体(和)を重視しますよね。これはもめ事が起きにくいというメリットもありますが、無駄な会議や人間関係の構築に労力を使い、生産性が落ちるというデメリットもあります。

 

完璧主義も問題?

日本人は完璧主義過ぎる、というのもよく言われることです。

 

日本は顧客満足度100%を目指しますが、ヨーロッパは90%あれば十分でそれ以上は目指しません。残り10%はクレーマーと割り切って無視します。

 

日本はこの残り10%を気にしすぎるが故に、長時間労働になってしまっている面もあると言われています。

 

page top