ヨーロッパの食糧自給率が高い理由

ヨーロッパの食糧自給率が高い理由

ヨーロッパの食糧自給率が高い理由

日本の食糧自給率40%くらいを基準とした場合、ヨーロッパ諸国の食糧自給率は高いほうです。

 

スペインやポルトガル、イタリアなど南欧諸国は日本とそれほど変わらないのですが、フランスは121%、ドイツは98%、イギリスは65%など西欧や中欧にはかなり高い国が目立ちます。

 

この自給率の高さは何に起因しているのでしょうか。

 

農業面積が広い

ヨーロッパ諸国の職業自給率の高さの主な理由として、農業面積の広さが挙げられます。

 

日本の国土は森林や山岳地帯の面積の割合が大きく、農業に適した平地が少ないので、自給率はヨーロッパほど高くなりません。

 

EUの穀倉フランス

とくにフランスは 「EUの穀倉」といわれるほど食糧自給率が高い国で、世界ではオーストラリア、カナダ、アメリカに次ぐ4番目です。

 

上位3国と比べ、それほど広い国土を持っているわけではないのに、どうしてこれほど高い自給率になっているのでしょうか。

 

フランスのカロリーベース自給率は122%ですが、生産額ベース総合食糧自給率は101%です。

 

これは食料輸出と同じくらい食料輸入もしているということを意味しています。フランスは穀物以外の食料は結構輸入に頼っているのです。

 

1人あたりの農産物輸入額を見たら日本よりフランスのが多かったりします。

page top