ヨーロッパでの織物(布)産業の歴史

ヨーロッパでの織物(布)産業の歴史

ヨーロッパでの織物(布)産業の歴史

昔から使われている主な布の繊維原料としては、羊毛、亜麻、絹、木綿ががあげられます。

 

ヨーロッパでは古来より羊毛がよく使われ、気候的に栽培に適さない木綿は流通していませんでした。

 

ヨーロッパで木綿の流通が始まったのは9世紀にシシリアやスペインに木綿がもたらされて以降です。

 

12世紀になるとノルマン人による南イタリア征服を通じ、ドイツやイギリス、フランスなどヨーロッパ全域で木綿が広がっていきました。

 

つまり木綿はもっぱら輸入に頼っていたので、政情の悪化などで輸入が滞ると絹織物の産業にとっては致命的でした。

 

アジアから進んだ絹織の技術が流入されたことで、ヨーロッパの織物技術は飛躍的に進歩しました。

 

そして産業革命により大量生産が実現するようになってからは、ヨーロッパは世界の織物産業の中心となっていきました。

 

高価な絹に対し、安価な羊毛の需要は衰えることはなく、18世紀になるまでは絹を上回る流通量を保っていました。

 

page top