ヨーロッパの農業の特徴と歴史

ヨーロッパの農業の特徴と歴史

ヨーロッパの農業の特徴と歴史

ヨーロッパの農業のは大きくわけて

 

  • 混合農業
  • 酪農
  • 園芸農業
  • 地中海式農業

 

などがあります。

 

混合農業

ヨーロッパ中緯度地域の農業の基本形態で、家畜飼育(牛、豚、鶏)と作物栽培(小麦、ライ麦、トウモロコシ)を組み合わせて行なわれる農業です。トウモロコシや小麦などの栽培に適した西岸海洋性気候のならではの農業形態といえます。中世ヨーロッパで行なわれていた三圃式農業(さんぽしきのうぎょう)が発展したものです。

 

 

酪農

酪農とは牛や羊、やぎなどを飼育して乳をしぼったり、その乳からチーズやバターなどの乳製品を作ったりする農業のことです。ヨーロッパでは特にオランダやフランス、スイスが酪農生産国として有名です。

 

 

地中海式農業

地中海沿岸諸国で行なわれている農業です。夏に乾燥し、冬にたっぷり雨が降るという気候的特徴を活かし、小麦、大麦といった穀物、オリーブ、ぶどう、柑橘類など樹木作物の栽培がさかんに行なわれています。

 

 

園芸農業

都市部で需要が高い野菜や果物、観賞用の花、庭木などを栽培する農業です。オランダでさかんに行なわれています。近郊農業、促成栽培、抑制栽培などの種類があります。

page top