ヨーロッパで混合農業が盛んな理由

ヨーロッパで混合農業が盛んな理由

ヨーロッパで混合農業が盛んな理由

ヨーロッパで主要な農業の1つに混合農業があります。

 

混合農業とは、主にヨーロッパ中緯度地域で行なわれている農業です。

 

家畜飼育(牛、豚、鶏)と作物栽培(小麦、ライ麦、トウモロコシ)を組み合わせて行なわれるのが特色です。

 

ヨーロッパにこの農業形態が根付いたのは、トウモロコシや小麦などの栽培に適した西岸海洋性気候の影響です。

 

農地に適した平地が多く、良質の牧草が育ち、作物の生育にも適した気候に恵まれているヨーロッパだからこそ普及した農業形態といえます。

 

また同じ混合農業でも、東ヨーロッパでは自給作物として、西ヨーロッパでは商品作物として栽培される傾向が強いです。

 

ヨーロッパの混合農業の歴史

混合農業は、中世ヨーロッパの北西部で行なわれていた三圃式農業(さんぽしきのうぎょう)が発展したものです。

 

三圃式農業とは夏作物と冬作物(小麦)を生産する畑と、休閑地(地力の回復の為一定期間作物を作らない耕地)を設ける農業形態です。

 

近世になると休閑地を牧草地として乳牛飼育や肉用家畜飼育が同時に行なわれるようになりました。

 

小麦の生産と家畜飼育がが同時に行なわれるようになり、こうして混合農業が誕生したのです。

page top