ヨーロッパの工業の特徴とは?

ヨーロッパの工業の特徴とは?

ヨーロッパの工業の特徴とは?

ヨーロッパの工業は産業革命以降飛躍的な発展を遂げ、世界の工業の中心となりました。

 

現在イギリス、フランス、ドイツなどが工業分野で進んでおり、特にドイツは世界一の工業製品輸出額として知られます。

 

ヨーロッパの工業国同士で航空機などの工業製品の共同生産が行なわれている例も珍しくありません。

 

環境問題との関係

ヨーロッパといえば環境問題への意識が高いというイメージがあると思いますが、これはヨーロッパがどこよりも早く工業化を遂げたので、大気汚染や水質汚染などの環境問題にも真っ先に考えざるを得なかったのが大きいですね。

 

その為排ガスや排水などの規制はどこよりも厳しいです。ヨーロッパ人の環境に対する意識も高く、再生可能エネルギー普及の支えとなっています。

 

 

ドイツの工業地帯

ドイツは現代の自動車や飛行機といった工業製品の基礎を形作った技術者、発明家を多数輩出している、世界有数の工業大国です。

 

その背景として、ドイツのルール地方にあるヨーロッパ最大の工業地帯ルール工業地域があります。

 

ルール地方は約600万人の人口を抱えるドイツ屈指の大都市圏です。

 

「ルール炭田」と「ライン川」の水運を背景に、鉄鋼、輸送機械、化学など各種製造業が飛躍的な発展を遂げ、世界有数の工業地帯となりました。

 

 

page top