EUの共通農業政策のメリットをわかりやすく解説

EUの共通農業政策のメリットをわかりやすく解説

EUの共通農業政策のメリット・デメリットをわかりやすく解説

共通農業政策というのは、欧州連合(EU)における農業支援に関する政策です。

 

英語表記の「Common Agricultural Policy」の頭文字をとって「CAP」とも表記します。

 

1962年に小麦など主要な農産物に補助金を付け農家を支援する目的に発足しました。

 

EUが農産物を農家から高く買い安く売るので、農家としては所得が保障され助かる政策です。

 

共通農業政策のデメリット

一方でこの政策に当てられるEUの予算は膨大で、EU歳出の3分の2を占め、財政負担が問題になっています。

 

農家の負担を減らす分、EUが農産物を買わなければこの政策は実現しないわけですから、負担が重くなるのは当然と言えば当然です。

 

しかしフランスのような農業国ばかりが得をして、イギリスやドイツなどの工業国は、EUに払う上納金に見合う見返りが得られないという不平等が生まれているのです。

 

またEU加盟国と結びつきが強い旧植民地国は、あまりに安い農産品をEUから輸入し続ければ、自国の農業が崩壊してしまうので、EUとの距離の置き方に頭を悩ましています。

 

旧宗主国からの経済援助は大きなものなので、関係を悪化させるわけにもいかないのです。

page top