ヨーロッパで小麦の生産量が多い理由

ヨーロッパで小麦の生産量が多い理由

ヨーロッパで小麦の生産量が多い理由

ヨーロッパでは小麦の生産量が多いです。生産国の筆頭として挙げられるのはフランス、ドイツ、イギリスなど。特にフランスが突出しており、「EUの穀倉」「ヨーロッパのパン籠」と呼ばれています。

 

ヨーロッパで小麦の生産がさかんなのは、農業用地に適した広大な平地と、作物が育ちやすい気候にあります。その気候的特徴について以下で解説します。

 

小麦の栽培に適した気候とは

小麦の栽培に適した気候とは、出穂の時期(5、6月)に雨が降らない気候です。つまり初夏に乾燥した晴天が続き、冬に雨が続く、という気候がベストです。

 

麦は、穂が出そろった状態で雨にあたると発芽準備が始まり、実の中でタンパク質などの分解が始まり、極端に品質が落ちてしまいます。

 

つまり梅雨の時期と出穂の時期が重なる日本ではあまり良質な小麦は育てられません。

 

それに対しヨーロッパの広い地域は、夏にカラッと乾燥し、冬にたっぷり雨が降る「地中海性気候」という気候に属しているので、小麦の栽培に向いており、さかんに産出が行なわれるのです。

 

page top