ユーロ危機とは何?簡単に解説

ユーロ危機とは何?簡単に解説

ユーロ危機とは何?簡単に解説

ユーロ危機というのは、2009年秋、ギリシアにおける財政赤字の危機的実態が明るみに出て、ヨーロッパの共通通貨ユーロの信用が急速に低下した事態のことです。

 

ユーロ危機の流れ

ギリシアで政権交代が起こったことで、新政権が前政権が国家財政の数字を操作し、過小に見せていたことが明らかになったのです。

 

EU加盟は財政赤字が少ない事が条件なので、ギリシアは嘘の報告をしてEUに加盟していたことになります。

 

ギリシアの国家財政が破綻し、ギリシア国債が暴落、ユーロ下落、世界の株価の下落が立て続けに起こりました。

 

欧州連合(EU)は翌年5月に国際通貨基金とともに支援に乗り出しましたが、回復するどころか悪化し、ユーロの価値は急落していきます。

 

ギリシアに続いて、アイルランドも財政破綻、ポルトガル、スペインも財政赤字比率が拡大するなど、EUの基盤を揺るがす危機となったのがユーロ危機です。

page top