ヨーロッパにおける貧困問題について

ヨーロッパにおける貧困問題について

ヨーロッパにおける貧困問題:最貧国はどこ?

ヨーロッパというと、テロや治安が悪いというイメージがある人もいれば、先進的で豊か、華やかというイメージが強い人もいると思います。

 

でもヨーロッパはこの両面ある地域です。

 

ヨーロッパと一括りにいっても、非常に広い地域です。豊かな国というのは、基本西欧に集中しており、東欧の国には財政的に貧しい国も多いです。

 

東欧のモルドバ、アルメニア、ジョージア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、アルバニアなどはヨーロッパの最貧国の1つに数えられています。

 

これらは元々ソ連の勢力圏にあった旧社会主義の国々です。ソ連崩壊後、独立後の混乱により、90年代には民族・宗教紛争が勃発し、多くの犠牲を出しました。

 

国々はその立て直しにお金と労力を使わなければならなかったので、経済的に出遅れて必然的に貧しくなっているのです。

 

イギリスの貧困
またイギリスのような経済的に豊かな国でも貧困問題は存在します。

 

イギリスでは日本と同じように経済格差が問題となっており、近年貧困者を対象に食料を無料で配給するフードバンクの利用者が急増しています。

page top