ヨーロッパ最大の経済都市はどこか

ヨーロッパ最大の経済都市はどこか

ヨーロッパ最大の経済都市はどこか

ヨーロッパには、経済力で「大都市」と称される場所はいくつもありますが、「ヨーロッパ最大」となるとやはりロンドンが筆頭として挙げられるでしょう。例えば以下のような点でロンドンは他のヨーロッパ都市と一線を画しているをいえます。

 

ロンドンが「ヨーロッパ最大」といわれる理由
  • 経済的、政治的、文化的に世界に強い影響力を持っている。
  • 世界で最も来訪者の多い都市。
  • ヨーロッパで最も多く大学が集まっている都市で、全部で43校ある。
  • 1908年、1948年、2012年と今まで3度オリンピックを開催しており、同じ都市での開催としては世界最多。
  • 世界で最初に地下鉄が開業した街である。
  • 人口は約800万人、都市圏の人口となると1200〜1400万人にも達し、ヨーロッパ最大の人口となる。

 

このようにロンドンというのはヨーロッパでも様々な分野で突出しており、「ヨーロッパ最大」の名にふさわしい都市でしょう。

 

ロンドンに次ぐ経済都市

ロンドンの経済的なライバルとして挙げられるのはパリ、モスクワの2都市ではないでしょうか。

 

特にパリはについては、2014年の都市圏の総生産が6798億ドルと、ヨーロッパではロンドンに次ぐ第2位となっています。

 

また観光客数については、海外来訪者数ではロンドンに劣るものの、国内外合わせた来訪者数ならば最大数を誇ります。

 

ロンドン、パリ両者いずれもヨーロッパを牽引する大都市には間違いありません。今はロンドンが優位ではありますが、今後経済情勢の変化で地位が逆転する可能性もありますね。

page top