ヨーロッパのハロウィン事情

ヨーロッパのハロウィン事情

ヨーロッパのハロウィン事情

ハロウィンの起源はヨーロッパにあります。元々は今のイギリスやフランス、アイルランドあたりに住んでいた「古代ケルト人」が行なっていた秋の収穫祭や悪魔払いの儀式であったと考えられています。

 

お祭りというのは、そもそもそういう経緯を持つものが大半なのですが、ハロウィンも元々宗教的意味合いが強かったんですね。

 

ハロウィンは全体として、ヨーロッパではあまりメジャーなお祭りとはいえません。しょせんアメリカのお祭りと考えている国が多く、何なら日本のがメジャーなくらいです。

 

ハロウィンの10月31日にもなると、すでにクリスマス準備に突入する国が多いです。さすがキリスト教の地だけあり、イエスキリストの降誕祭にはどこより力を入れます。

 

ヨーロッパでもハロウィンに勢いが?
とはいえ最近はテレビの影響で若者を中心にあえてその異国の行事を楽しむ人々も増えていますね。

 

ヨーロッパの中ではドイツが一番盛況かもしれません。特に南ドイツでは街をあげてのお祭りになっており、子供から大人まで皆仮装してハロウィンパーティーに赴きます。
ハロウィンの10月31日は、ドイツでは宗教改革記念日というキリスト教の歴史において重要な意味を持つ祝日なんですが、ハロウィンが勢いがあって影が薄くなっているといいます。

page top