ヨーロッパの紋章の動物に込められた意味とは?

ヨーロッパの紋章の動物に込められた意味とは?

ヨーロッパの紋章の動物に込められた意味とは?

ヨーロッパ(西洋)の国章(紋章)は国によって実に様々ですが、多くの紋章に共通しているのは、ライオンやワシ、牛や犬、など様々な動物が紋章の中に描かれているということです。ヨーロッパ54カ国中、35カ国は、動物をデザインの一要素にしていますが、これらの動物にはどのような意味が込められているのでしょうか。

 

国章に動物を描いている国(ヨーロッパ)一覧
  • 国…描かれている動物
    1. アイスランド…ワシ
    2. アルバニア…ワシ
    3. アルメニア…ワシとライオン
    4. アンドラ…ウシ
    5. ウズベキスタン…フモ(伝説上の鳥)
    6. イギリス…ライオン、ユニコーン
    7. エストニア…ライオン
    8. オーストリア…ワシ
    9. オランダ…ライオン
    10. カザフスタン…ウマ
    11. キプロス…ハト
    12. キルギス…タカ
    13. クロアチア…ヒョウ、羊、テン
    14. ジョージア…ライオン、ウマ
    15. スウェーデン…ライオン
    16. スペイン…ライオン
    17. セルビア…ワシ
    18. チェコ…ライオン、ワシ
    19. デンマーク…ライオン
    20. ドイツ…ワシ
    21. トルクメニスタン…ウマ
    22. ノルウェー…ライオン
    23. フィンランド…ライオン
    24. フランス…ライオン
    25. ブルガリア…ライオン
    26. ベルギー…ライオン
    27. ポーランド…ワシ
    28. モルドバ…ワシ
    29. モンテネグロ…ワシ
    30. ラトビア…ライオン、グリフォン
    31. リトアニア…ウマ
    32. リヒテンシュタイン…ワシ
    33. ルーマニア…ワシ
    34. ルクセンブルク…ライオン
    35. ロシア…ワシ

     

     

    紋章の動物の意味

    ワシ

    ヨーロッパの国々の紋章にはワシをモチーフにしたものが非常に多いです。上記35カ国中、14カ国はワシを採用しています。ワシというのは勇敢さや強さ、遠眼や不死の象徴として利用されることが多く、神の使者として考えていた地域もあります。ドイツやオーストリア、ポーランドなどの国章にもなっています。

     

    ライオン

    ヨーロッパではワシに並んでライオンも紋章のモチーフに使われています。上記35カ国中16カ国はライオンを採用しています。「百獣の王」と言われるように、勇気や力、権力などの象徴として利用されることが多いです。

     

    ウマ

    ウマは古来よりの使われ方から、忠実や戦争、勝利などの象徴として利用されることが多いです。ウマは古来より人間に仕え、戦争において重宝されてきました。ヨーロッパではカザフスタン、ジョージア、トルクメニスタン、リトアニアなどが紋章のデザインにウマを採用しています。

     

    牛は平和や寛容、義務などの象徴として利用されることが多いです。ヨーロッパではアンドラが国章のデザインに採用しています。国章ではありませんが、イタリアの都市トリノの紋章には牛が描かれています。

    page top