ヨーロッパのおすすめ美術館一覧【動画あり】

ヨーロッパのおすすめ美術館一覧【動画あり】

ヨーロッパのおすすめ美術館一覧【動画あり】

西洋美術(主に約3万年前の原始美術から20世紀までのヨーロッパや中東で形成された美術文化)に興味があれば、是非ヨーロッパ諸国にある美術館に足を運んでみることをおすすめします。今回はヨーロッパにある美術館の中でも、特に展示数や来場者数の多い美術館を紹介します。

 

 

美術史美術館(オーストリア・ウィーン)

美術の歴史が知りたい場合はまずここをおすすめします。美術史美術館はオーストリア/ウィーンにある美術館で、古代から19世紀に至るまでの美術品を収蔵しています。

 

美術史美術館内の様子

 

ルーヴル美術館(フランス・パリ)

フランス・パリにある国立美術館です。世界最大級の美術館であり、世界最大級の史跡の一つとされています。ヨーロッパの美術館といったらここは外せないでしょう。毎年800万人もの来場者を誇り、世界で最も来場者の多い美術館です。380,000点以上の美術品が収蔵されています。

 

ルーヴル美術館内の様子

 

大英博物館(イギリス・ロンドン)

イギリス・ロンドンにある博物館です。美術品だけでなく、歴史的価値の高い書籍や考古学的な異物や工芸品なども展示されています。この博物館の特徴はなんといっも展示数が膨大なことで、一日で全て見るのはほぼ不可能です。ただ入場は無料なので時間が許すならいくらでも見ていることができます。

 

大英博物館内の様子

 

バチカン美術館(バチカン市国)

バチカン市国にある美術館です。歴代ローマ教皇の収集品を収蔵・展示している世界最大級の美術館です。この美術館は500年以上の歴史を持っています。古代(ギリシャ・ローマ)彫刻やエジプト美術、エトルリア美術に現代キリスト教美術など様々な美術を堪能できます。

 

バチカン美術館内の様子

page top