ヨーロッパのファッション(服装)の特徴

ヨーロッパのファッション(服装)の特徴

ヨーロッパのファッション(服装)の特徴

ヨーロッパのファッション(服装)の特徴

 

ヨーロッパの人々のファッション(服装)の特徴について聞かれることが多いです。「ヨーロッパ風ファッション」なんて言葉もたまに聞きますよね。ヨーロッパ風とざっくり言っても、国によって細かな傾向は異なるのですが、確かにヨーロッパ風だなーとざっくり感じる印象というのはあります。

 

 

ヨーロッパの人々のファッションの特徴

重ね着をしない

日本人は寒い寒くないにかかわらずカーディガンやジャケットを羽織る重ね着ファッションを好む人が多いですが、ヨーロッパではとくに寒くない限りは重ね着をあえてすることは少ないです。基本的にTシャツにジーンズにスニーカーというようなカジュアルスタイルを好むので、あえて重ね着を好む人は日本ほど多くありません。機能性を重視する傾向にあります。

 

スカートを履かない

ヨーロッパ人は機能性重視なのでスカートを好む人もあまり多くありません。ジーンズまたはラフなパンツが主流で、パーティーなど特別な日以外はスカートあまり履きません。スカートはオシャレで可愛らしいですが、機能性という点ではどうしても難がありますからね。

 

サンダルやスニーカーを好む

機能性重視なので、靴に関しても動きやすいローヒールのブーツやサンダルやスニーカーを好み、あまりヒールの高い靴は日常的に履くことは少ないです。

 

アクセサリーをつけない

これも機能性重視に繋がるのですが、あまりゴテゴテするようなネックレス、ブレスレット、ピアスなどのアクセサリーは好まない傾向にあります。アクセサリー類は冠婚葬祭など特別な時に着けるもので、基本的には「邪魔なもの」というサバサバした女性が多い印象です。

 

 

 

かなりおおざっぱですが、管理人がヨーロッパ何カ国かに言って感じたファッションの印象はこんな感じです。ヨーロッパ人は、大人になったら無駄に飾ることはしない、という意識が強い気がします。全体的に「クール」なんですね。

 

もちろんヨーロッパ人でも重ね着をする人も、スカートを履く人も、ヒールを履く人もいて、ファッション性重視の人もたくさんいるので、一概には言えないということは念頭に置いておいてください。

page top