ヨーロッパに路面電車が多い理由

ヨーロッパに路面電車が多い理由

ヨーロッパに路面電車が多い理由

ヨーロッパ各国には「トラム」と呼ばれる路面電車がたくさん走っています。1両のものもあれば、2両、3両と連結しているものもあります。

 

ドイツではシュタットバーン、ベルギーではプレメトロとも呼ばれており、都市交通の中心的な役割を担っています。

 

ブリュッセル、ベルギーのトラム

 

細部にまで路面電車網が張り巡らされている国や都市もあり、路面電車の存在はヨーロッパ名物の1つといえるでしょう。

 

東欧では広く路面電車網がしかれており、都市域における交通手段として重要な地位を占めています。

 

ヨーロッパは世界で最も路面電車の有効利用に成功した地域といえるでしょう。

 

路面電車の歴史

一時は自家用車の普及にともない、路面電車は廃止や削減が進んでいました。

 

しかし1990年代に入ってから、環境問題の深刻さが浮き彫りになったことで再評価されるようになり、電車の高性能化とともに、復活や新設が進んでいます。

 

フランスなどが代表的だと思います。

 

page top