ヨーロッパで最大の空港は?

ヨーロッパで最大の空港は?

ヨーロッパにはいくつもの規模の大きい空港がありますが、欧州最大規模を誇る空港はどこの空港になるのでしょうか。

 

欧州最大の空港とは?

答えを言ってしまうとヨーロッパで規模が最大の空港はロンドンの「ロンドン・ヒースロー空港」となります。

 

それに次いでパリの「パリ=シャルル・ド・ゴール空港」、、フランクフルトのフランクフルト空港などがあります。

 

ロンドン・ヒースロー空港はイギリスの首都ロンドンの西部にある最大規模の空港です。

 

2015年の旅客数は74,989,795人となっており、ヨーロッパでは第1位。世界でも日本の東京国際空港の75,316,718人に次いで第6位となっています。

 

空港内には空港アクセス列車であるヒースローエクスプレスが発着しており、ロンドン中心部のパディントン駅から15分間隔で運行されています。所要時間は約15分です。

 

またロンドン市内の主要なエリアへ走るバスも各ターミナルから運行されています。

 

また駐車場やレンタカーサービスも備えており、空港からの移動には何も困ることはありません。

<スポンサーリンク>
 

関連ページ

ヨーロッパでレンタカーを利用する場合の注意点・保険についてなど
ヨーロッパ旅行における移動にレンタカーを利用しようと思っている方へ、ヨーロッパでレンタカーを利用するメリットやデメリット(注意点)を紹介しています。
ヨーロッパのナンバープレートの特徴
欧州連合諸国の多くの国が採用しているナンバープレートがあることをご存じでしょうか。日本で馴染みのナンバープレートとはちょっと異なる特徴を持っていますよ。
ヨーロッパの列車の種類
ヨーロッパにおける列車の種類についてです。ヨーロッパの列車も日本と同じように列車種別に分類することができます。
ヨーロッパの夜行列車は危険?治安は?
治安があまりよくないと言われるヨーロッパで夜行列車に乗ることを不安に思う人も多いようです。ヨーロッパで夜行列車に乗るのは危険なのでしょうか。
ヨーロッパの有名な夜行列車一覧
眠っている間に次の目的地に到着できる寝台列車。ヨーロッパにも個室・シャワー・トイレ・朝食サービスなどが完備されている数々の魅力的な寝台列車があります。今回はヨーロッパで有名な夜行列車「ユーロナイト」についてと夜行列車一覧を紹介しています。
ヨーロッパの鉄道の歴史
ヨーロッパにおける鉄道の歴史を紹介しています。今やヨーロッパの全土を覆う鉄道網。歴史をたどるとその形成に至る経緯についてはイギリスの存在がかなり大きいことがわかります。
ヨーロッパの駅の特徴は?
ヨーロッパの駅は日本とはいくつかの点で少し異なった特徴を持っています。今回は日本人からしたらちょっと違和感のあるヨーロッパの駅の特徴を紹介したいと思います。
ヨーロッパ内の移動手段|それぞれのメリット・デメリット
ヨーロッパにおける移動・交通手段についてです。移動手段には大きく分けて「鉄道・列車」「飛行機」「バス・レンタカー」といった3つの手段が挙げられます。それぞれの特徴を以下に記します。
ヨーロッパ国境の自由移動を許されるシェンゲン協定とその加盟国
ヨーロッパの国家間の国境を自由に行き来できる協定である「シェンゲン協定」についてわかりやすく解説しています。またシェンゲン協定の加盟国についても地図でわかりやすく示しています。
日本からヨーロッパまで所要時間はどれくらい?
日本からヨーロッパに行くには当然飛行機移動になりますが、時間がどれくらいかかるのか気になりますよね。今回はヨーロッパに飛ぶ場合の所要時間についてです。

HOME アジア