ヨーロッパのナンバープレートの特徴

ヨーロッパのナンバープレートの特徴

欧州連合諸国の多くの国が採用しているナンバープレートがあることをご存じでしょうか。日本で馴染みのナンバープレートとはちょっと異なる特徴を持っていますよ。

 

欧州ナンバープレートの特徴

長さ

寸法は縦横でおよそ110mm×510mm程度で、日本のものと比較して横長です。

 

白地もしくは黄色時に黒色の文字が印字されており、左端に欧州旗を模したユーロバンドという40mm幅の青色の帯が入っています。

 

黄色いプレートに関してはデンマークでは商用車として、ギリシャではタクシー用の色として採用されています。またベルギーのプレートの文字は赤色になっているなど、国によって色の付け方が異なっていますね。

 

<スポンサーリンク>

 

素材

素材は金属素材またはプラスチック素材です。イギリスのプレートに関しては全てプラスチック製になっています。

 

ドイツ・フランス・アイルランドでは金属製かプラスチック製を選択できるようになっています。

 

識別

数字とアルファベットの組み合わせによって登録された国や地域のデータベースでの個体識別ができるようになっています。

 

以上ヨーロッパにおけるナンバープレートの特徴を紹介させて頂きました。ヨーロッパ旅行に行ったら町中の車やレンタカーなどチェックしてみてください。

<スポンサーリンク>
 

関連ページ

ヨーロッパでレンタカーを利用する場合の注意点・保険についてなど
ヨーロッパ旅行における移動にレンタカーを利用しようと思っている方へ、ヨーロッパでレンタカーを利用するメリットやデメリット(注意点)を紹介しています。
ヨーロッパで最大の空港は?
ヨーロッパにはいくつもの規模の大きい空港がありますが、欧州最大規模を誇る空港はどこの空港になるのでしょうか。
ヨーロッパの列車の種類
ヨーロッパにおける列車の種類についてです。ヨーロッパの列車も日本と同じように列車種別に分類することができます。
ヨーロッパの夜行列車は危険?治安は?
治安があまりよくないと言われるヨーロッパで夜行列車に乗ることを不安に思う人も多いようです。ヨーロッパで夜行列車に乗るのは危険なのでしょうか。
ヨーロッパの有名な夜行列車一覧
眠っている間に次の目的地に到着できる寝台列車。ヨーロッパにも個室・シャワー・トイレ・朝食サービスなどが完備されている数々の魅力的な寝台列車があります。今回はヨーロッパで有名な夜行列車「ユーロナイト」についてと夜行列車一覧を紹介しています。
ヨーロッパの鉄道の歴史
ヨーロッパにおける鉄道の歴史を紹介しています。今やヨーロッパの全土を覆う鉄道網。歴史をたどるとその形成に至る経緯についてはイギリスの存在がかなり大きいことがわかります。
ヨーロッパの駅の特徴は?
ヨーロッパの駅は日本とはいくつかの点で少し異なった特徴を持っています。今回は日本人からしたらちょっと違和感のあるヨーロッパの駅の特徴を紹介したいと思います。
ヨーロッパ内の移動手段|それぞれのメリット・デメリット
ヨーロッパにおける移動・交通手段についてです。移動手段には大きく分けて「鉄道・列車」「飛行機」「バス・レンタカー」といった3つの手段が挙げられます。それぞれの特徴を以下に記します。
ヨーロッパ国境の自由移動を許されるシェンゲン協定とその加盟国
ヨーロッパの国家間の国境を自由に行き来できる協定である「シェンゲン協定」についてわかりやすく解説しています。またシェンゲン協定の加盟国についても地図でわかりやすく示しています。
日本からヨーロッパまで所要時間はどれくらい?
日本からヨーロッパに行くには当然飛行機移動になりますが、時間がどれくらいかかるのか気になりますよね。今回はヨーロッパに飛ぶ場合の所要時間についてです。

HOME アジア