ヨーロッパの部屋は何故暗いのか

ヨーロッパの部屋は何故暗いのか

ヨーロッパの部屋は何故暗いのか

ヨーロッパのホテルで地図やガイドを見ようとして不便を感じた経験のある人は少なくないかと思います。ヨーロッパの部屋の照明は日本と比べ暗めな傾向にあります。これには何か理由があるのでしょうか。

 

 

ヨーロッパの部屋の照明が暗い理由

ヨーロッパの部屋の照明が暗いのは、主に以下の3つの理由によるものです。

 

  1. ヨーロッパでは蛍光灯よりも白熱電球を使用している場合が多いこと。
  2. 部屋全体を明るく照らすというのではなく、必要なところだけ照らせば良いという考えが強いこと。
  3. ヨーロッパ人にとって部屋はあくまで憩いの場であり、勉強や仕事をする場という感覚が低いこと。

 

使用する電球の違いと価値観の違いから、ヨーロッパの部屋は日本より暗くなっているのですね。実は日本でも蛍光灯が普及するまでは、隅々まで明るく照らすような習慣はありませんでした。

 

その他の要因

わずかですが人種的な目の感受性の違いによるものあると考えられています。ヨーロッパに多いコーカソイドは瞳の色が薄く、強い光よりも淡い光を好むそうです。

 

また景観に対する意識が高いヨーロッパでは、照明をインテリアの一部と考え、いかに美しいライティングを再現するかにこだわって利便性は後回しにしている、というのも1つの要因としてあげられるかもしれません。

page top