ヨーロッパにおけるチップ文化|ホテルやトイレ、タクシーでの相場は?

ヨーロッパにおけるチップ文化|ホテルやトイレ、タクシーでの相場は?

ヨーロッパにおけるチップ文化について解説しています。ホテルやトイレ、タクシーでの払い方の例も紹介しています。

 

チップとは

チップというのはホテルやレストランなどのサービス利用のときに、規定料金とは別で払う「感謝の印」としての現金のことです。

 

チップ文化が強い国ではもともとの規定料金が安く設定されているので、チップが労働者の重要な飯の種となっています。

 

ヨーロッパに根強いチップ文化

チップの文化は世界中にあるものですが、ヨーロッパでは特に馴染みのある慣習となっています。

 

しかしあくまで心付けなので任意であって強制ではありません。

 

<スポンサーリンク>

 

今はチップ料金もサービス料に含まれていることが多く、サービスが悪いなどで気が進まなければ無理に払うこともないでしょう。

 

サービスに満足して感謝の印を示したい時は払ってあげるといいでしょう。

 

ヨーロッパのチップ文化の相場例

フランス、ドイツにイタリアでは、ホテルにおいて、ポーター(荷物の運搬や預かりを主な業務とするホテル従業員)にはスーツケース1個につき1〜2ユーロ程度払うのが一般的です。

 

またタクシー利用時は料金の10~15%程度を支払います。

 

またトイレ利用時に掃除の係員がお皿を前に置いて座っていたら10~50セント程度支払います。

<スポンサーリンク>
 

関連ページ

ヨーロッパで使われている言語は?
ヨーロッパで使用されている主要な言語とそれぞれの特徴を紹介しています。
ヨーロッパで導入されている通貨一覧
ヨーロッパで導入されている通貨の一覧をEU加盟国、EU非加盟国それぞれ紹介しています。
ヨーロッパに住む先住民族の種類
ヨーロッパには数十の様々な民族が存在しています。 そして国を民族ごとに分布するというのは事実上不可能です。一つの国には様々な民族が住んでいるためです。 なのでここではヨーロッパの先住民族にピックアップして紹介したいと思います。
ヨーロッパのクリスマスの過ごし方
クリスマスというのは言うまでもなくイエス・キリストの生誕祭。ヨーロッパではキリスト教が全体の7割を占めていますから当然クリスマスは家族親戚で盛大に祝います。ただ各国ごとに祝い方は微妙に異なるので、それぞれの特徴を紹介していきましょう。
ヨーロッパの仏教国は?布教度は?
ヨーロッパにおける仏教事情について解説しています。ヨーロッパにおける仏教徒の数や仏教が最も布教されている国なども紹介しています。
ヨーロッパの宗教の種類や割合|キリスト教が多い?
ヨーロッパの宗教はヨーロッパにおける文化、美術史、音楽、哲学、法律など様々なものにに影響を与えました。今回はヨーロッパにおける宗教の種類や割合を紹介したいと思います。
ヨーロッパ旅行での免税手続きについてわかりやすく解説

HOME アジア