ヨーロッパ旅行の免税手続きにおける注意点【わかりやすく】

ヨーロッパ旅行の免税手続きにおける注意点【わかりやすく】

ヨーロッパ旅行の免税手続きにおける注意点【わかりやすく】

ヨーロッパ旅行に限らず海外旅行する人に知っておいてほしいのは「免税手続き」についてです。これを知らないと本来払う必要のない税金を払ってしまうことになりますので知っておきましょう。

 

 

免税手続きとは?

海外旅行先で買い物をすると、わりと馬鹿にならない税金が課せられますが、一部は払う必要のないものです。その払う必要のなかった税金を返してもらう為にする手続きが「免税手続き」です。一定の免税対象額を超える買い物ををしたら適用できます。

 

タックス・リファンド・サービス

免税手続きを提供しているサービスを「タックス・リファンド・サービス」といいます。「TAX FREE」のマークがあるお店で支払い時にパスポートを提示したら免税手続き用の書類(リファンド・チェック)をもらうことができます。EU加盟国の場合、EU最終出国税関でスタンプをもらうようにしましょう。購入品とそのレシート、免税書類にパスポートを税関係員に提示したらスタンプを押してもらえます。スタンプがないと税金の還付が受けられませんので、必ずもらいましょう。

 

払い戻しの方法

免税手続きが終わった後は、払い戻しを受けますが、その方法としては以下の3つがあります。

 

  1. その場で現金受取
  2. クレジットカード払い
  3. 小切手

 

どれを選ぶかは各々の都合で判断しましょう。ちなみに現金受取の場合、現地の硬化は日本で両替できないのでご注意ください。

 

また国によって必要最低払い戻し購入額や付加価値税、払い戻し率は違います。また付加価値税のうち全額が返還されるわけがないことは知っておいてください。

 

▼参考動画

page top