ヨーロッパの森林の種類

ヨーロッパの森林の種類

ヨーロッパの森林の種類

ヨーロッパは暖流と偏西風の影響で、高緯度の割に全体的に温暖です。その為植生もそれなりです。しかし、かつてヨーロッパの80〜90%は森林に覆われていたと考えられていますが、今はそこまでではありません。

 

これは12世紀後半以降、羊の放牧や燃料としての木炭消費の影響で、森林の過度な伐採が進んだ為です。やがてそれが問題視された為、代替燃料として石炭への転換が進められ、18世紀後半に始まった産業革命に繋がっているのです。

 

ヨーロッパ最古の森

中でもポーランドとベラルーシの国境にまたがるビャウォヴィエジャの森は、ヨーロッパ最大にして最古の森といわれています。ヨーロッパに残された最後の原生林として世界遺産に登録されています。

 

原生林というのは、長年、伐採や災害などで破壊、もしくは人間の手で開発などされずに、天然のまま残っている森林のことです。しかしヨーロッパでは大気汚染や異常気象からの再度の森林破壊が問題となっており、EUが中心となって森林保護の取り組みに乗り出しています。

 

ヨーロッパの森林の種類

  • 赤い森(ウクライ)
  • ウィーンの森(オーストリア)
  • オーデンヴァルト(ドイツ)
  • オーバープファルツの森(ドイツ、チェコ)
  • オルレアンの森(フランス)
  • カルパティア山脈のブナ原生林(スロバキア、ウクライナ)
  • コミの原生林(ロシア)
  • コンピエーニュの森(フランス)
  • シャーウッドの森(イギリス)
  • シュヴァルツヴァルト(ドイツ)
  • テューリンゲンの森(ドイツ)
  • ビャウォヴィエジャの森、ベロヴェーシの森、ベラルーシの森(ポーランド、ベラルーシ)
  • フランケンヴァルト(ドイツ)
  • ベーマーの森、ボヘミアの森(チェコ)
  • マデイラ島の照葉樹林(ポルトガル)
  • ラインハルトの森(ドイツ)
  • ランドの森(フランス)
page top