ヨーロッパ大陸形成までの歴史

ヨーロッパ大陸形成までの歴史

ヨーロッパ大陸形成までの歴史

「ヨーロッパ大陸」とは孤立した大陸ではありません。地球の陸地面積の40%を占める地球最大の大陸ユーラシア大陸の西端地域のことです。つまりヨーロッパ大陸形成の歴史は、ユーラシア大陸形成までの歴史と等しいです。ここではユーラシア大陸ができるまでの流れを紹介しています。

 

ユーラシア大陸が形成されるまで

  1. 22億5000万年前、バルト盾状地、サルマティア・クラトン形成、ヴォルガ-ウラリア盾状地が合わさり東ヨーロッパ・クラトン(バルティカ大陸)へ発達します。
  2. バルティカ大陸が超大陸のコロンビア大陸に取り込まれます。
  3. 約11億年前、アークティカ大陸が合わさってロンディニア大陸となりました。
  4. 約5億5000万年前に、孤立。再度バルティカ大陸となります。
  5. 約4億4000年前に再度ローレンシア大陸と合わさり、ユーラメリカ大陸が形成されます。
  6. さらに時が経ち、ゴンドワナ大陸とぶつかることで、パンゲア大陸に成長します。
  7. そして1億9000年前、パンゲア大陸はゴンドワナ大陸とローラシア大陸へと分裂が始まり、ローラシア大陸もローレンシア(北アメリカ)とユーラシアに分裂しました。
page top