ノルウェーの地形的特徴「フィヨルド」のでき方を簡単に

ノルウェーの地形的特徴「フィヨルド」のでき方を簡単に

ノルウェーの地形的特徴「フィヨルド」のでき方を簡単に

ヨーロッパのノルウェー・スウェーデンからなるスカンディナヴィア半島は「フィヨルド」と呼ばれる複雑な地形をしています。

 

とくにノルウェー側の西部と北部に見られるトロンヘイム・フィヨルドは、その美しい景観から観光名所として人気の場所です。

 

フィヨルドの特徴

U字谷と同じような湾の特徴を持っています。湾口から湾奥まで同じくらいの幅で、かつ細長いです。海岸線は湾奥以外は断崖絶壁になっている場合が多く、水深も深いです。

 

ノルウェーのソグネ・フィヨルドは、長さ200km、水深・両岸の断崖は1,000mを越えるものもありますが、湾の幅は数km程度と細長いです。

 

フィヨルドでの産業

フィヨルドでは産地から雪解け水が流入することで、サケの繁殖と成長に適した環境(水温や塩分濃度)になっています。その為フィヨルドに作られた生け簀でサケの養殖がさかんに行なわれています。

 

フィヨルドのでき方は?

フィヨルドとは、氷河による地表の侵食で形成されたU字谷が沈水して形成されたもので、寒帯の地域でよく見られる地形です。(気候的理由で南半球ではあまり見られません。)

 

氷河というのは数万年もの膨大な時間を経て、降り積もった雪が溶けずに圧で固まり、氷となったものです。この氷が1年間に数百メートルというスピードで山の斜面を滑り落ちていくのですが、その時に地表を削り取りながら下っていくので、U字型の深い谷が形成されるのです。

 

現在あるフィヨルドは、氷河時代の終盤、氷が溶けて海面が上がった際に、深い谷の一部が海面下に没することで形成されたものです。

page top