東ヨーロッパ平原の地理・場所

東ヨーロッパ平原の地理・場所

東ヨーロッパ平原の地理・場所

東ヨーロッパ平原はヨーロッパ東部に広がる平原地帯です。

 

かつてのロシア帝国およびソ連の領域内に平原のほとんどが入るので、ロシア平原ともいいます。

 

ヨーロッパ地域ロシアの大部分を占めており、エストニア、ラトビア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドバ、カザフスタンなど多くの東欧諸国の国土にもまたがっています。

 

平原周囲の場所

北は白海とバレンツ海に、西北はスカンジナビア半島を覆うバルト楯状地に、東はウラル山脈とウラル川とカスピ海に、南はカフカス山脈と黒海に囲まれています。

 

そして西はカルパティア山脈やポーランドの丘陵地帯になっており、北ヨーロッパ平野へと続いています。

 

平原の構成

東ヨーロッパ平原はヴォルガ川やドニエプル川などの大河で成る、盆地の連続で構成されています。

 

山のないヨーロッパ最大の地方であり、西方の北ヨーロッパ平野と合わせヨーロッパ平原を成しています。

 

北部は全体的には起伏が小さい氷河堆積物で覆われており、南部は肥沃な黒土地帯となっています。

 

平原の面積・標高

平原は約400万平方キロメートルの広さ、標高平均は170メートルです。最も高い地点はヴァルダイ丘陵の標高350メートルほどの場所になります。

page top