ヨーロッパの有名な自然スポット

ヨーロッパの有名な自然スポット

ヨーロッパの有名な自然スポット

ヨーロッパには温暖な気候を背景に豊かな自然が広がっています。人が簡単に入れない場所もありますが、観光客に人気の絶景スポットとなっているところも多いです。今回はヨーロッパで有名な自然スポットを紹介しているので、ヨーロッパへの旅行を予定している人は参考にしてみてください。

 

 

プレーケストーレン(ノルウェー)

ノルウェーにある崖の一つ「プレーケストーレン」は観光名所になっています。水面から鋭く切り立つ垂直で600mの岩で、崖の頂上は25m四方の正方形になっています。これが演説台のようにみえる様からこのような名前になっています。防護柵なしの絶壁の崖の上に立つスリル、そこからの美しい絶景を楽しめます。長い年月をかけ、氷河によって削り取られて出来たそうです。

 

 

ドゥルミトル国立公園(モンテネグロ)

モンテネグロにある緑豊かな山岳地帯に広がる公園です。生物多様性に富むことから、1980年ユネスコの世界遺産に登録されました。ドゥルミトルとはルーマニア語で「眠るもの」を意味します。公園内にあるドゥルミトル山は「ヨーロッパ最後の秘境」と呼ばれ、多種多様な動物、固有種の植物相や昆虫が生息しています。

 

ドゥルミトル国立公園に生息する動物
オオカミ、ヒグマ、ヨーロッパオオライチョウ、シャモア、イヌワシ、シロエリハゲワシ、ボネリークマタカ、ヒメクマタカ、ハヤブサ、ワシミミズクなど。

 

 

スカフタフェットル国立公園(アイスランド)

アイスランド南東部にある火山や氷河の美しさに定評のある国立公園です。特ににヨーロッパ最大の氷河バトナヨークトルの氷の洞窟は有名で、日の光に照らされると神秘的なブルーの世界が広がります。アイスランドの最高峰の山クヴァンナダルスフニュークル山も含んでいます。

 

 

プリトヴィツェ湖群国立公園(クロアチア)

クロアチアの国立公園の一つで、クロアチア最大の観光名所です。エメラルドグリーンの大小16の湖と92の滝があり、周りを鬱蒼とした森林に覆われています。その幻想的な景観やこの一帯の生物多様性を評価され、1979年にユネスコの世界遺産に登録されています。湖の色は、太陽の照射角度や水中のミネラル分や有機物の濃度により常に変化します。

 

プリトヴィツェ湖群国立公園に生息する動物
オオカミ、オオライチョウ、ヒグマ、ワイルドキャット、ワシミミズク

 

page top