ヨーロッパの有名な山脈

ヨーロッパの有名な山脈

ヨーロッパの有名な山脈

ヨーロッパにおける主要な山脈を紹介しています。ヨーロッパを走る山脈は、ヨーロッパとアジア、西欧や東欧を地理的に分類する境界基準にもなっており、ヨーロッパの地理を理解する上で重要な地形的特徴といえます。

 

 

アルプス山脈

アルプス山脈は、ヨーロッパ南部にある東西に横切る山脈です。スイス、イタリア、フランス、ドイツ、オーストリアにまたがっており、西欧・南欧・中欧の境界にもなっています。ヨーロッパ最高峰の山脈であり、「アルプスの少女ハイジ」などアルプスを題材にした作品も多い為、知名度も高いです。

 

ウラル山脈

ウラル山脈は、ロシアを南北に分断している山脈群で、東ヨーロッパとアジアの境界になっています。ヨーロッパとアジアを分ける境界として最も明瞭な存在で、ウラル山脈の東からはアジア、西からはヨーロッパとされています。つまりロシアの国土はヨーロッパとアジア双方にまたがっていることになります。

 

ピレネー山脈

ヨーロッパ南西部にある長さ約430kmの山脈で、ユーラシア大陸西端部のイベリア半島の付け根を北西〜南東に走っています。フランスとスペインをまたがっており、山脈は国土を分ける国境の役割を果たしています。月面にも同盟のピレネー山脈という山脈がありますが、これはヨーロッパのピレネー山脈にちなんでつけられた名前です。

 

コーカサス山脈

ヨーロッパ東南、アジアの西北にある山脈で、黒海からカスピ海までを東西に連なります。コーカサス山脈の主要部分を成す大コーカサス山脈は、ヨーロッパと西アジアを隔てる境界になっています。ギリシア神話では世界を保つ柱の1つと位置づけられています。

 

カルパティア山脈

中央ヨーロッパ、東ヨーロッパの、ルーマニアからウクライナ、スロヴァキアなどにまたがる全長約1500kmの弧状の山脈です。岩石油、褐炭、天然ガス、岩塩、鉄鉱石、貴金属など地下資源が豊富に産出されます。

page top