古代ギリシャの学問

dummy
古代ギリシャの学校「アカデメイア」はなぜ閉鎖された?

現代のヨーロッパや日本の「学校(小中高大)」は、紀元前387年頃、哲学者プラトンがアテナイの北西郊外に建設した学園兼研究所「アカデメイア」が始まりとされています。「アカデメイア」という呼び名は、英雄アカデモスを祀る神域の名に由来しており、これは現在「学校」を意味する言葉として使われている「アカデミー(academy)」の語源になりました。アカデメイアの目的アカデメイアは哲学教育を行なうために建設さ...

Read More
古代ギリシャにおける「教育」事情とは?

古代ギリシャの教育は、西洋教育史の出発点であり、今日本で行なわれている『学問』という枠組みは、基本的に西洋由来のものです。ということは学問により培われる政治や経済、法律など社会の仕組みそのものも、西洋そして古代ギリシャに由来しているということになります。この事実を知っていれば、ギリシャは地理的に日本から遠くても、とても身近な存在であるということがわかると思います。古代ギリシャにおける「教育」の始ま...

Read More
dummy
古代ギリシャで科学が発達した理由とは?

小アジア沿岸のギリシャ植民都市イオニア(紀元前6世紀頃成立)は、一足早く文明開化を遂げた古代オリエントに隣接していました。この先進文明地域より様々な情報を学び、「貨幣制度による商工業の発達」や「文字の普及による知の共有」で、ギリシャ文明は大いに栄えるようになりました。さらに奴隷制度による市民階級の余暇の発生で、「富を蓄え暇を持てあました人達」が現われ、彼らが自由に思索し自然の成り立ちについて考える...

Read More
dummy
西洋医学の源流となった「ギリシア医学」の理論とは?

ギリシャ医学は西洋医学の源流となりましたが、最初期のギリシャ医学といえば、病気の原因を「悪魔」や「神」に求め、「呪術」や「お祓い」を治療と称した一種の宗教的な学問でした。そんな中、初めて医術から宗教を排し、データに基づき病気の原因を追及し、根本的な治療を目指す、という視点を持ったのが今日「医学の父」と評されるヒポクラテス(前460年頃〜前377年頃)です。彼は病気の原因は自然(環境や食事)に由来す...

Read More
dummy
ギリシャ哲学と西洋文明発展の関係とは?

世界史で一番始めに勉強するテーマであることから、古代ギリシャは世界のどこよりも早く文明開花を成し遂げた地域だ・・・と理解している人もいるかもしれません。しかしそれは正確ではありません。古代ギリシャ最古の文明といえば、前30世紀頃から前12世紀まで栄えたエーゲ文明ですが、同じ時代でいえば古代ギリシャ東方・現在のイラクで栄えていたメソポタミア文明はエーゲ文明よりはるかに高度な文明でした。南で栄えていた...

Read More
古代ギリシャ時代の「天文学的発見」とは?

古代ギリシャ全盛の時代になると、財を成し暇をもてあました人々は宙ばかり眺めるようになりました。排気ガスもなく、人口的な照明など皆無に等しい時代です。夜空の星は今の100倍1000倍は鮮明に見えたことでしょう。望遠鏡など使わない、裸眼での観察だけでも、様々な発見があります。さらに長期にわたる経験から、数々の普遍的な規則性にも気がつくことができました。ギリシャ天文学の始まり古代世界の天文学というのは基...

Read More
dummy
古代ギリシャ時代の「地理学的発見」とは?

地理学という言葉は、古代ギリシャ時代に、アレキサンドリアのエラトステネス(紀元前285年-紀元前205年)が初めて使った言葉とされています。古代ギリシャでは、地域の地形や気候的特徴を見る自然地理学と、地域の様子(人々の暮らしや文化)を見る人文地理学が同時に存在し、やがてこの2つの因果関係を見つけ出す近代的な地理学へと発展していきました。古代ギリシャの地理学者による成果ホメロス(前8世紀頃)紀元前8...

Read More
dummy
ギリシャ建築とローマ建築の違いとは?

古代ギリシャ世界の中で発展を遂げた建築様式をギリシャ建築といい、古代ギリシャを中心とした地中海世界で栄え、ヨーロッパ建築の古典として現代でも高い評価を受けています。ギリシャ建築の象徴多くのギリシャ都市国家の中心地に建造された「神殿」は、ギリシャ世界を象徴する建造物として知られます。神殿の建造は紀元前7世紀頃から始まり、紀元前6世紀にはドーリス様式、イオニア様式が確立され、紀元前5世紀から紀元前4世...

Read More
dummy
古代ギリシャで弁論術を指南した「ソフィスト」とは?

「ソフィスト」とは、紀元前5世紀から紀元前4世紀初期に、アテナイを中心とした古代ギリシャ諸ポリスで弁論術を教えていた知識人のことです。現代の家庭教師のような存在であり、報酬と引き替えに生徒に演説や論争技術のイロハを教えるのが仕事でした。ソフィストが生まれた背景前5世紀にアテナイ民主政は最盛期に達し、貧富や生まれに関係なく政治参加ができるようになりました。そんな社会で自分の意見を政治に反映させるのに...

Read More
ページの先頭へ戻る