古代ギリシャの社会

古代ギリシャで使われていた言語は?

古代ギリシャ文字よりも古くに使われていた文字として、クレタ文明下(前20世紀-前15世紀)で成立した線文字A、線文字Aを発展させて成立したミケーネ文明(前16世紀−前12世紀)下の線文字B(ミケーネ文字とも)が挙げられます。しかしこれらの文字は「前1200年のカタストロフ」で消滅してしまいました。ギリシャ文字の出現前9〜8世紀頃になると、現在のシリア一帯地域で使われていたフェニキア文字がギリシャに...

Read More
古代ギリシャで信仰されていた宗教は?

現代ギリシャで主流の宗教は、キリスト教の一派の「ギリシャ正教」ですが、古代ギリシャ時代にはまだキリスト教は生まれてもいません。では古代ギリシャ人はどのような宗教を信仰していたのでしょうか。ここでは古代ギリシャの宗教について解説しています。古代ギリシャ人は多神教古代ギリシャ人が信仰していたのは古代ギリシャ神話に登場する神々であり、キリスト教の一神教とは異なり多神教でした。ギリシャ神話のの神々が愛憎劇...

Read More
古代ギリシャで行われた「裁判」とはどんなものだった?

古代ギリシャのアテナイには「ヘーリアイア(民衆裁判所)」と呼ばれる裁判制度が存在していました。これは希望する民衆(30歳以上の男子であることが条件)の中から選ばれた陪審員6000人の陪審員が審議を行う制度で、職業裁判官ではなく市民が裁判を取り仕切り、段階ごとの決定も市民による投票で行なわれる、民衆のための民衆による裁判といえました。この「民衆裁判制度」は七賢人の一人ソロンにより導入され、のちにアテ...

Read More
dummy
古代ギリシャの奴隷制度の特徴とは?

「奴隷」とは人間としての権利が認められず、主人の所有物として無償労働に従事する人々のこと。いわゆる「奴隷制」は、人権意識が希薄な古代世界広くでみられたものですが、古代ギリシャは奴隷制が社会に定着していた典型例といえます。市民権を持つ者ならば、中級層以下であっても平均2〜3人程度の家内奴隷を所有していました。奴隷になる理由奴隷の大半は戦争捕虜で、敗戦国の女子供も奴隷となる運命を辿りました。また借金が...

Read More
dummy
古代ギリシャの軍事事情とは?

古代ギリシャには、自治独立した1000以上の都市国家(ポリス)が並存していましたが、他国や異民族からの侵略に備えて、それぞれ何らかの軍事対策は行っていました。諸ポリスは独立志向が強く、今のギリシャ共和国のように統一国家を形成することはありませんでしたが、異文化圏からの大規模な侵略があった場合には、諸ポリスが同盟を組み、一致団結してギリシャ世界の防衛にあたりました。アテナイの軍事事情海港都市国家のの...

Read More
古代ギリシャで貨幣経済が成立した理由とは?

古代ギリシャが栄えた大きな要因の1つに、「貨幣制度の成立」があります。物々交換の仲立ちとして硬貨が作られるようになり、貨幣制度の発達に伴い商工業が発達。それにより都市が発展し、市民階級に余暇が生まれ、自由な思考から文化も発展していったのです。貨幣普及の歴史前7世紀末、小アジアのリュディア王国で貴金属貨幣が使われるようになり、それがイオニア植民市に伝わったのが始まりで、前6世紀前半にはエーゲ海や古代...

Read More
古代ギリシャ文明を支えた2つの農業生産物とは?

ギリシャは大部分が、地中海性気候が支配的で降雨量が少ない、地形が山がちで農地に適さない、などの理由で出来る農業というのは極限られていました。しかし逆にこの地形・気候・土壌条件だからこそ栽培に向いている作物というのもありました。古代ギリシャに文明をもたらした「オリーブ」と「ブドウ」古代ギリシャ南部の丘陵地帯では、古くから乾燥に強いオリーブとブドウの栽培が大々的に行なわれています。オリーブオイルとワイ...

Read More
dummy
古代ギリシャの貿易事情とは?

ポリス社会が成立する前のミノア文明期(紀元前20世紀〜前15世紀頃)、クレタ島の人々は、海の向こうのエジプトや地中海東岸の都市と貿易することで生計をたてていました。それは、これらの地域でクレタ島の特産品が出土していることからも明らかになっています。都市国家ポリス社会に移行し、人口が増えると、穀倉地帯のマグナ・グラエキアやエジプトから穀物を輸入するようになりました。ギリシャ本土は雨の少ない痩せた土地...

Read More
ページの先頭へ戻る