古代ローマの政治

古代ローマの政治

特別職

レクス…ラテン語で「王」を意味。古代ローマの王達の称号。
アウグストゥス…ローマ皇帝に与えられた称号。
アウグスタ…ローマ皇帝一門の女性に贈られる称号。アウグストゥスの女性形。
プリンケプス・セナートゥス…元老院において最も権力のある者の称号。
カエサル…正帝(アウグストゥス)を補佐する副帝の称号。

 

政務職

ディクタートル(独裁官)…非常時にあらゆる権力を一手に担う独裁権保持者。
クルスス・ホノルム…五大官職(コンスル/プラエトル/アエディリス/クェエストル/トリブヌス・プレビス)の保持者
ケンソル(監察官)…国勢調査を担当。
レクトル・プロウィンキアエ(属州総督)…属州の統治者。執政官や法務官経験者から任命。
プラエフェクトゥス(長官)…近衛隊長官、首都長官など。
マギステル・オフィキオルム(内務長官)…帝国の郵政、武器工場を管理。帝政後期に創設。
クァエストル・サクリ・パラティ(法務長官)…最高法務顧問。法律の起草を担当。
ラティオナリス(財務長官)…財務を管轄。財務大臣に相当。
ドゥウムウィリ(二人官)…国家反逆を裁く裁判官、戸口検査を担当する政務官。
デケムウィリ(十人官)…個人の身分を決定する裁判官。
ウィギンティセクスウィリ(二十六人官)…治安・インフラ・訴訟などに関する6つの委員会に所属する26人の政務官。

 

軍務職

インペラトル(総司令官)…ローマ軍の最高司令官の称号。「インペリウム(命令権)」を保持する者という意味。
マギステル・ミリトゥム(軍務長官)…歩兵部隊と騎兵部隊を統括する。
ドゥクス(地方司令官)…属州における地方の最高指揮官。ラテン語で「指導者」を意味する。
レガトゥス(指揮官)…一個〜数個軍団の指揮を任される。ラテン語で「使者・使節」を意味する。

 
dummy
古代ローマ時代の「三頭政治」ってわかりやすくいえば何?

三頭政治とは、共和政末期、共和政から帝政に移行する過程で、3人の有力政治家の連携で行なわれる政権運営のことです。紀元前60〜前53年の第一回三頭政治と、紀元前43〜前36年の第二回三頭政治があり、それぞれ以下の有力者による支配が行なわれました。第一回三頭政治構成員:ユリウス・カエサル/グナエウス・ポンペイウス/リキニウス・クラッスス前60年に、マンネリ化した元老院による政治支配から脱するべく、カエ...

Read More
dummy
古代ローマの政治体制の特徴とは?

古代ローマの政治体制は、最初期の「王政」に始まり、「共和政」、「帝政」と変化していきました。政治体制の変化はローマ史における特に重要な転機ですので、それぞれの特徴を理解しておきましょう。王政採用期間:紀元前753年(建国)〜紀元前509年1人の統治者に全ての権限を集中させる政治形態です。君主制ともいいます。王は貴族で構成された元老院議員により選出されていました。ローマ最初期の政治体制で、前753年...

Read More
dummy
古代ローマ市民に与えられた「ローマ市民権」ってどんなもの?

ローマ市民権とは、古代ローマにおいて、ローマ市民に与えられた様々な権利です。ローマ人とはローマ市民権を持つ人々のことを指します。ここではローマ市民権を持つことによるメリットや得られる条件にはどのようなものがあったのでしょうか。ローマ市民権を持つメリット市民権を持つ者は、民会における選挙権・被選挙権/婚姻権/裁判権・控訴権/ローマ軍団兵への入隊権/財産相続権などの権限を有していました。これらは奴隷や...

Read More
dummy
古代ローマの王政時代はいつからいつまで?

王政は古代ローマが初期に採用していた政体で、1人の最高権力者(君主)にあらゆる権限を集中させ、独裁的な国家運営を行なうという特徴があります。前753年の建国から前509年のエトルリア王追放まではこの政治体制が続きました。王政期のローマは人口数千人程度からなる小国でしたが、その後領土拡大と同時に移民流入が進んだことで、帝政期のピークには6000万人もの人口を抱える、世界有数の多人口・多民族国家に変貌...

Read More
dummy
古代ローマの共和政が崩壊した理由とは?

共和政は古代ローマにおいて前509年から前27年まで続いた政治形態です。貴族(パトリキ)が王を打倒することでまず「貴族共和政」が成立し、その後「身分闘争」により、平民も参政権を勝ち取ったことで、ほぼ完全な形の共和政が成立しました。共和政の特徴共和政は、君主(王様)を置かず、有権者により選ばれた市民によって社会運営を行なう政治形態で、現在でもヨーロッパのほとんどの国がこの政治体制を採用しています。共...

Read More
共和政ローマで「国家元首」にあたる官職は?

コンスル(執政官)は、古代ローマの官職の1つで、共和政ローマでは元首にあたる存在です。王政崩壊後のローマ政治における最高政務官であり、509年の共和政成立とともに成立しました。執政官の仕事内容政治・軍事・裁判・宗教などあらゆる分野の最高決定権を有していました。民会や元老院の招集権や議案提出権を持ち、外交においては「国の顔」としての役割を果たしました。執政官の選出同等の権力を持つ2人の執政官が、毎年...

Read More
dummy
古代ローマの統治機関「元老院」の役割とは?

元老院(ラテン語:senatus)は、特に共和政期に政治運営の中心となり、古代ローマ社会の実権を握っていた統治機関です。国内政治・外交・財政・立法などあらゆる分野の最高決定機関であり、ローマという国家の舵取りを行っていました。元老院の役割戦争や遠征の承認/講和に関する話し合い/税金や国庫に関する決定/外交問題の解決元老院の任期元老院議員は終身制で、1度選出されてしまえば、老いて公務がつとまらなくな...

Read More
古代ローマが共和政から帝政に移行した理由とは?

帝政は古代ローマにおいて前27年から前年まで採用されていた政治形態で、元首である「皇帝(エンペラー)」が世襲で独占的な権力を持ち、国の方針を決定していました。王政と同じで、民主的手続きが不要なので、フットワークが軽く有事の対応がスピーディな一方で、皇帝の能力が低ければ国が傾きやすいという特徴があります。ローマが帝政に移行した理由共和政はローマの領土がイタリア半島内に留まる間はうまくいっていましたが...

Read More
dummy
古代ローマでアントニヌス勅令が発布された目的とは?

アントニヌス勅令は、ローマ帝国内の全自由民にローマ市民権を与えた勅令です。212年7月11日にローマ帝国のカラカラ帝によって発布されました。ここではアントニヌス勅令の目的について解説しています。勅令の効果アントニヌス勅令により、属州民や解放奴隷でも選挙権や属州民税の免除といった特権が与えられ、それまでは運と自分の努力で勝ち取るしかなかったものを、遺産相続税・解放奴隷税といった納税義務と引き替えに手...

Read More
dummy
古代ローマで専制君主制が成立した理由とは?

ドミナートゥス(専制君主制)というのは帝政ローマ末期における政治形態です。「ドミヌスによる支配」を意味しており、ドミヌスというのは臣民から皇帝への呼称です。ドミナートゥス成立の誕生の背景共和政の終焉共和政ローマが停滞する中、名将ユリウス・カエサルはマンネリ化した政治に終止符を打つべく、元老院も市民集会も無視し、あらゆる意思決定を自分1人で独占しようとしました。しかし伝統的な共和政を重んじる支配層は...

Read More
dummy
ローマ帝政末期の政治体制「テトラルキア(四分統治)」とは?

テトラルキア(四分統治)は、古代ローマ帝政後期に行なわれた政治体制の1つです。293年に皇帝ディオクレティアヌスにより開始されました。ここでは具体的にテトラルキア(四分統治)がどんなものだったのか解説しています。テトラルキア(四分統治)成立の背景前3世紀末、「3世紀の危機」とも呼ばれる内乱でローマ帝国は疲弊していました。そこで皇帝ディオクレティアヌス(在位284年〜305年)はドミナートゥス制(専...

Read More
dummy
古代ローマでグラックス兄弟が実施しようとした改革の内容とは?

グラックス兄弟(兄のティベリウス・センプロニウス・グラックス、弟のガイウス・センプロニウス・グラックス)は、共和政ローマ末期に、停滞するローマ社会を救済すべく、あらゆる改革を推し進めようとした人物です。彼らの改革は既得権益者の妨害にあい、兄は暗殺、弟は自殺に追い込まれたことで、失敗に終わりましたが、すぐに彼の意思を継ぐ者が現われ、ローマが内乱の時代に突入する誘因となりました。ここではそれほどまでに...

Read More
dummy
古代ローマの法務官「プラエトル」の役割とは?

プラエトル(法務官)は、古代ローマの政務職のうち、主に司法を担当していた官職です。地位の高さとしてはコンスル(執政官)に次ぎ、コンスルと同じくインペリウム(命令権)を有していました。「プラエトル」という呼称の由来共和政の最初期には、ローマの最高統治者を指す言葉としては「コンスル」ではなく、「プラエトル」という呼称が使われていました。「プラエトル」とは「指揮する者」 という意味の「praeire」に...

Read More
dummy
アウグストゥスがプリンケプス(第一人者)を名乗った理由とは?

プリンケプスとは、「市民の第一人者」を意味する言葉で、ローマ帝国初代皇帝であるアウグストゥスが自称した称号です。どうして彼はこんな自称をしたのでしょうか。プリンケプスを名乗った理由ローマ内戦の中で、アウグストゥスは敵対勢力の共和主義者を粛清して、1人の最高権力者(皇帝)にあらゆる権限を独占させる帝政を成立させました。しかしアウグストゥスは養父カエサルの末路を見て、ローマ社会で「独裁」がどれだけ忌避...

Read More
dummy
西ローマ帝国がミラノからラヴェンナに遷都したのはなぜ?

地中海全域におよぶ広大なローマ帝国領は、4世紀半ばに東ローマ帝国と西ローマ帝国に分裂します。それまで帝国領を治めていたテオドシウス1世が395年に死に、2人の息子に領土を東西に分担統治させたためです。そして東ローマ帝国の首都はビュザンティオンに、西ローマ帝国の首都はミラノになりました。西ローマ帝国が遷都した理由東ローマ帝国の首都は同国の滅亡まで変わりませんでしたが、西ローマ帝国の首都は402年にミ...

Read More
ページの先頭へ戻る