ヨーロッパの農業

dummy
ギリシャの農業の特徴

ギリシャは地中海性気候(夏は乾燥・高温、冬は温暖湿潤)が支配的な地域なので、この気候的特色を利用した地中海式農業が発達しています。つまり夏は乾燥に強いオリーブ、ブドウ、柑橘類といった果樹栽培が行なわれ、冬は冬雨を利用した小麦栽培やヒツジやヤギなどの家畜飼育が行なわれています。オリーブの栽培についてオリーブはギリシャで最も栽培がさかんな作物で、2019年現在世界第三位という生産量を誇っています。この...

Read More
dummy
フランスの農業の特徴

フランスはあらゆる農業部門で世界最高規模の生産量を誇るEU最大の農業大国です。フランスの国土は農地に適した平坦な地形なので、昔から農業がさかんで、穀物・牛乳・牛肉・豚肉・鶏肉・チーズ・ブドウ・ワインなど、様々な農作物が産出されています。農業用地は国土の53%にもおよび、気候も多様なので、北部では穀作、西部では酪農、南部では地中海式農業、中部では畜産、といったように栽培される作物も多様です。フランス...

Read More
dummy
アイスランドの農業の特徴

アイスランドには、寒冷な気候により耕作地がほとんどないため(関連記事:アイスランドの気候的特徴)、農作物を栽培する耕種農業はほとんど行なわれていませんが、広大な草原地帯を利用し、ヒツジを中心とした牧畜(畜産農業)は古くから行なわれています。アイスランドにおける畜産農業唯一さかんといえる農業は牧畜です。アイスランドでは、人口よりも多い50万頭以上のヒツジが家畜として飼育されています。夏は放し飼い(放...

Read More
dummy
イタリアの農業の特徴

イタリアは農地に向いた平地が決して多いとはいえませんが、丘陵地や山岳地も農地として有効利用されており、農用地の割合は45%にも及びます。ヨーロッパでは農業生産額がフランス、ドイツに次ぐ第三位で、EU全体の13%と、データで見てもイタリアは農業が非常にさかんな国であることがわかりますイタリア南部の農業イタリアで最も規模で大きい農業といえば、イタリア南部や諸島部で行なわれている地中海式農業でしょう。地...

Read More
ページの先頭へ戻る