西洋哲学と東洋哲学の違い

哲学とはあらゆる物事の原理や根源を知をもって解明※しようとする学問です。古代より世界中で研究されてきた学問で、大きく西洋哲学(イスラーム、ヨーロッパなど)と東洋哲学(インド、中国、日本など)に分けられます。

 

 

西洋哲学と東洋哲学はどう違う?

西洋哲学と東洋哲学の違いは、西洋は「学」としての側面、東洋は「宗教」としての側面が強いという点が挙げられるでしょう。

 

西洋哲学は論理性を重視

西洋哲学は、学問として論理性を重視し、自分が無知であると自覚するところから、徹底的に議論・対話を繰り返し、世界の本質を理論的に解き明かそうとします。つまり西洋哲学は宗教に頼らない主体的な思考法を重視しています。

 

東洋哲学はスピリチュアルを重視

それに対し東洋哲学は「学」としての面は薄く、「命」というものの本質にフォーカスし、自分の内側にあるもの、人生のあり方を思索することが目的となっています。西洋哲学と違って宗教的な色が強いのが特徴です。

 

西洋哲学は産業革命の土壌

西洋と東洋、どちらが優れているというものはありませんが、西洋哲学的思考は科学的思考の土壌を形成し、産業革命などでヨーロッパが世界をリードする原動力となりました。人間の生活に大変革をもたらしたのが西洋哲学である、ということは知っておいたほうがいいでしょう。

 

トップへ戻る