オランダ人のルーツ

 

オランダ人とは、オランダに住むオランダを母語とする民族のこと。現在のオランダ、ベルギー、ルクセンブルク地域にあたるネーデルラント(低地地方)に居住していた古代人を共通の祖先としています。

 

前1世紀半ば以降に、先住民であるガリア系ケルト人やゲルマン系バタウィ人と、ローマ人との混血が進む中で、ラテン文化を有する現在のオランダ人の基礎が形成されていきました。

 

中世以降はフランク王国、神聖ローマ帝国、スペイン帝国の支配を受けましたが、八十年戦争後に独立を果たし、17世紀以降はポルトガルから香辛料利権を奪うことで、オランダ海上帝国を築いています。