スウェーデンの農業の特徴

スウェーデンは国土の8割が冷帯に属するため、多くの農作物にとって絶好の環境とはいえないのですが、その農業生産性の高さゆえに、あらゆる項目の自給率は80%を超えています。

 

穀類にいたっては北緯60度以南でしか栽培されていない+農業人口も全体の数パーセントに満たないのに、自給率で100%を超えています。

 

スウェーデンは南部イェータランド地方が肥沃な農業地帯になっている他、全体的に鉄鋼資源に恵まれているため「農業の機械化」という点で他よりも進んでいることが、農業生産性の高さの背景にあります。

 

スウェーデンにおける主な農業生産物

スウェーデンにおける寒冷な気候は逆にライムギや大麦、牧草の栽培には適しており、スウェーデンではイースト菌を使わないパンや乳製品の生産がさかんに行われています。

 

南端

小麦

 

中央低地〜北部

大麦/牧草