ベルギーの農業の特徴

ベルギーは国土の大部分が温帯に属し、国土の3割が農業用地として、農業用地のうち2割は牧場・牧草地として利用されています。主な生産物は畜産と酪農であり(全農産品の三分の二)、穀類の大部分を輸入に頼っています。

 

ベルギーの主な農産品

ベルギー北部では肥沃な土壌を利用した野菜・果実栽培、南部では冷涼な気候を利用した家畜の飼育、ビート栽培、乳製品・肉製品の生産が行われています。

 

ベルギー北部の農産物

野菜/果実/養豚/養鶏 等

 

ベルギー南部の農産物

牛肉/生乳/ビート 等

 

ベルギーの主な農業地域

  • フランドル平野部:栽培と家畜飼育が集約した混合農業がさかん。
  • コンドロ丘陵地帯:ベルギーで最も大規模な農業地域。