トルコのエネルギー事情と政策方針

トルコの国土は鉱物資源に恵まれています。地下には大量の石炭が埋蔵しており、亜炭・褐炭の採掘量では世界TOP10に入ります。採掘した石炭の大半は火力発電を中心に国内で消費されます。

 

トルコのエネルギー開発

21世紀以降、黒海での石油・天然ガスの開発に力を入れており、天然ガス鉱床に眠る莫大な埋蔵量により、2060年頃まで国内消費分を賄えるともいわれています。

 

トルコ政府は黒海での天然ガス開発プロジェクトを支援するため、それを担う国営石油会社(TPAO)に減税措置を講じるなどしています。

 

トルコのエネルギー輸入

トルコは天然ガスに関しては、ロシアとアゼルバイジャンなどからの輸入に依存しており、国内消費のおよそ5割を賄っています。また南東で国境を接するイラクから石油を輸入し、関税により多くの利益を得ています。