ロシアのエネルギー事情と政策方針

ロシアのエネルギー事情・政策について情報をまとめています。ロシアは世界一の国土面積を誇るだけあり、地下資源も豊富であり、多くの国がロシアからのエネルギー資源の供給に頼っています。ロシアはこの状況を外交カードに利用することで、アメリカや西欧諸国に対し優位な交渉を続けることができています。

 

 

ロシアのエネルギー資源

石炭

国内で最も多く消費される有機鉱物資源の1つです。石炭のおよそ9割は国内で消費されています。

 

石油

「東シベリア・太平洋石油パイプライン」により、石油を日本・中国・韓国などアジア太平洋地域諸国に輸送しています。そのための施設の拡充も着実に進んでいます。

 

天然ガス

国内で最も多く消費される有機鉱物資源の1つで、ヤクーツク天然ガス田を中心に天然ガスの産出が行われています。天然ガスのパイプライン施設も充実しています。

 

再生可能エネルギー

ロシアは上記のように地下エネルギー資源が豊富なので、再生可能エネルギーの開発にそこまで熱心というわけではないのですが、広大な国土を背景に自然エネルギー資源の宝庫でもあることから、近年は再生可能エネルギー法案が提出されるなど、その導入に向けた進展がみられます。